投資信託

【投資信託の始め方】ポートフォリオ作成までを簡単に解説

何千もある投資信託の中から商品を選ぶのって大変よね。
商品を選ぶには、まず自分の投資方針や投資目標を決めることが先決だね。

証券口座を開設して入金が完了したら、取引の準備はOKです。

そこで、投資信託の商品選びのプロセスについて解説していきます。

この記事で分かること

自身の投資方針と投資目標を決めてポートフォリオが作成できる

ちなみにこの記事を書いている管理人の投資経験は以下のとおりです。

◦2009年:投信(株・債券)・国内ETF・海外ETFから投資を始める

◦2014年:原油先物ETFを始める⇒3年後に損切りすることになり、5年間で得た

投資リターンのすべてを失う

◦2015年:国内の中小型株をメインの投資対象とする投信にて積立投資開始

◦2020年:数年後のセミリタイアを念頭に米国高配当ETFへの投資を検討中

ポートフォリオ作成までに投資資金を確保

投資をするときは、そのお金は本当に使っていいものなのか考えましょう。

投資に使えるのは、基本的に今あるお金の中でも、しばらく使う予定のないお金です。

なくなっても生活に困らないお金であることが重要です。

当面の生活費や、近々使うお金はNGなのです。

現在ある預貯金投資に使えないお金投信に使えるお金(余裕資金)

・なくなっても生活に支障のないお金

・しばらく使う予定のないお金

・生活費

・近々使う予定のあるお金

・緊急時のための備え

ポートフォリオ作成までに目標利回りを設定

いつまでにいくらほしいかを決め、投資額の何%くらい増やすのか計算する。

現在の貯蓄500万円を30年後までに老後資金として1,000万円に増やしたい

500万円30年間運用して

1,000万円に増やしたい ☞ 目標利回り2.4%

計算は、モーニングスターで簡単にできます。

利回りの目安はおよそ3~8%で、リスクを避けて安全に運用するなら3~5%、リスクをとって積極的に運用するなら5~8%が目安です。

【目標利回りを計算できる便利な機能】

モーニングスター「金融電卓」

目標利回りが8%を超えるようなら、目標金額を再検討すべき!

ポートフォリオをつくる

ポートフォリオとは、株や債券などの資産の組み合わせのことです。

投資信託には、国内株・外国株・国内債券・外国債券の4大資産を含む商品がたくさんあります。

ポートフォリオをつくるには、まず目標を立て、投資方針を決めます。

例えばこんな感じですね👇

※日経マネーHPより引用

ポートフォリオは投資状況や環境の変化に応じて柔軟に対応させる

まとめ

いざ、投資信託を買うといっても、何千もある商品の中から選ぶのは、とても大変な作業です。

きちんと、手順を踏んで、あらゆる角度から検討し、よりよい商品を選択をすることが大切ですね(^^♪

最後まで、お読みくださりありがとうございました(^^♪

ロボアドバイザーTHEO(テオ)【運用実績・保有銘柄公開】THEOが気になる人「THEOのレビューが知りたい。ほったらかし運用ならTHEOが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのかな?実際に運...