債券ETF

【株価暴落】米国トータル債券市場ETF【BND】で資産を防衛する

投資初心者のAさん
投資初心者のAさん
このところの株価急落をみていると、株なんか怖くてとても始める気になれないよ
投資の専門家
投資の専門家
米国には比較的安全な良質債券に投資するETFがあります。株価が乱高下している局面だからこそ、債券投資について考えてみたいですよね

債券ETFは、安全性重視で信用できるのが大きな特徴です。株式と反対の値動きをすることが多いため、ポートフォリオに組み入れることで、資産全体のリスク管理にも活用できます。

記事の内容

.BNDの特徴

.BNDのパフォーマンス

.BNDの分配金推移

.BNDの資産構成

.BNDのメリット・デメリット

.BNDの買い方

ご興味のある方はお付き合いください(^^♪

 バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】の特徴

バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】は、米国投資適格債券市場全体へ投資をします。つまり、長期・中期・短期すべての債券をバランスよく組み合わせたものです。バークレイズ総合不動調整インデックスとの連動を目指しています。

簡単に表にまとめてみました。

 バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】のチャート

10年チャート

※バンガードのHPより引用

5年チャート

※バンガードのHPより引用

直近における分配金の推移

※バンガードのHPより引用

だいたい0.18ドル前後で推移しているね

.分配金は毎月分配

 

バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】の資産構成

※バンガードのHPより引用

ほとんどは政府系の債券で占められているんだね

バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】のメリット

メリット①:債券への分散投資が容易

BNDは約8000銘柄の債券に投資をしています。これだけ分散されていればリスクをかなり軽減することができます。

これから投資を始める人にぴったりだね

メリット②:すぐに換金できる

ニューヨークの株式市場で取引されていますので、簡単に売却することができます。キャッシュが必要になればその日に換金できるのです。

この手軽さは魅力的だね

メリット③:ポートフォリオのリバランスに最適

投資の基本はあくまで株式に置きつつも、債券型のETFを組み合わせると、投資の幅が広がります。

バンガード米国トータル債券市場ETF【BND】のデメリット

デメリット①

外貨建て資産なので、為替リスクを負うことになる。

為替リスクについては、外貨建ての資産を持つときに最も注意すべきポイントだね

参考:BNDの買い方

とっても簡単!

管理人はマネックス証券を使っていますので、マネックス証券の画面で説明します。

①注文ボタンをおす

②BNDで検索する

③いくらで何株買うかを決める

④買いボタンをおす

上の画面上で完結します とっても簡単

【 口座開設キャンペーン実施中 】マネックス証券

まとめ

いかがだったでしょうか。

株価下落時に大きな含み損を抱えるのは誰もが避けたいところですよね。

このBNDを入り口にして、リスクを最小限に抑えつつ、投資を始めてみるのも手かもしれませんね。

最後までお読みくださりありがとうございました。





投資が怖い初心者向け!低リスクで始める【債券型投資信託のすすめ】 債券で運用する債券型投資信託は、元本割れする可能性が低く、安全性重視で信用できるのが大きな特徴です。株式型投資信託と反対...