投資レビュー

株価下落時の今こそおすすめ「ひふみ投信」をレビューする【実績公開】

ひふみ投信が気になる人
ひふみ投信が気になる人
「ひふみ投信」のレビューが知りたい。資産運用ならひふみ投信が良いって聞いたけど、、、果たした本当なのか?メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている管理人はひふみ投信を2015年8月から積み立て運用しています。途中、一部解約したこともありましたが、現在(2020年2月現在)も積み立て運用を継続中です。

そんな管理人が、本記事で、ひふみ投信の運用実績を公開しつつ、メリット・デメリットをレビューします。

株価下落時の今こそ投資を始めたいという方も多いでしょう。

全てをつつみ隠さずにお話しますので、これからひふみ投信を始めたい方は是非、じっくりとご覧ください。

本記事の内容

株価下落時の今こそ始める優良投信「ひふみ投信」はマジでおすすめ【レビュー】

結論は大満足しております。

管理人の運用実績を公開します

2020年1月10日時点

毎月10,000円ずつの積み立て運用をしています。

評価損益は+12,27%ですね。

更新情報:2020年1月22日

評価損益は+10,96%ですね。

更新情報:2020年2月26日

さすがにここ数日(2020年2月26日時点)の世界的株価下落の影響を受けてマイナスに転落しました。

更新情報:2020年5月8日

日経平均が年初から、13%程度下がっていることを考えたら検討してますね(^^♪

かんたん・あんしん ひふみ投信

ひふみ投信のメリットとデメリット【他社比較しつつ考察】

 

メリット

・自動積み立てで手間いらず

・お金はいつでも引き出せる

・純資産総額No.1日本株アクティブ型投信だから安心

デメリット

・元本割れのリスクがある

・インデックスファンドに比べて保有コスト(信託報酬)が割高

メリット①:自動積み立てで手間いらず

ひふみ投信では、毎月決まった金額を積み立てる「毎月同額つみたて」に加え、引落金額や引落月を自由に選べる「自由つみたて」もあります。。利用者のライフスタイルに合わせて自由な資産形成ができます。

メリット②:お金はいつでも引き出せる

いつでもお金が引き出せるのは安心ですよね。

下記は、公式サイトのFAQから引用です。

Q:残高の一部だけの解約もできますか?

A:金額もしくは口数を指定した一部解約も可能です。

 

Q:解約手数料はかかりますか?

A:ご解約時に手数料はいただいておりません。信託財産留保額もありません。

 

ひふみ投信に預けておくほうが得策なんじないか、、、と思っています。

※もちろん貯金全額はNGですよ。投資は必ず余剰資金で行いましょう。

メリット③:純資産総額No.1日本株アクティブ型投信だから安心

ひふみ投信は「日本株アクティブ型投信」とよばれる分野ですが、この分野にはいくつかの投信があります。

三井住友・中小型株ファンド中小型株を投資対象とする。個別企業について業績予想とリスク評価から「企業価値」を求め組み入れ銘柄を選定する。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド高い技術力やブランド力があり、今後、海外売上高比率の拡大が期待できる日本企業、約20銘柄に集中投資する。

ひふみプラス(ひふみ投信)投資対象を限定せず、経済循環や経済構造の変化などを総合的に勘案して国内外の株式に投資する。

人気投信の定番は上記のとおりです。

デメリット①:元本割れのリスクがある

当たり前ですが、資産運用なので損するリスクがあります。とはいえ、そんなこと言ってたら何もできませんからね。

デメリット②:インデックスファンドに比べて保有コスト(信託報酬)が割高

株価指数に連動するように運用されているファンドに比べるとアクティブファンドは手間がかかりますので、当たり前と言えば当たり前ですよね。

ただし、毎月報告される「ひふみ投信の運用レポート」には直近の運用に対するコメント、組み入れ銘柄の紹介など掲載されていたり、運用責任者の藤野英氏のWEB連載や、メディア記事などもまとめられていてとても勉強になりますよ。

ひふみ投信でよくある質問【疑問を全て解決します】

ひふみ投信を始めるにあたって、よくある質問は次のとおりです。

・その①:運用の基本方針を教えてほしい

・その②:手数料はいくらですか

・その③:運用状況を知ることはできますか

その①:運用の基本方針を教えてほしい

下記は、公式サイトのFAQから引用です。

国内外の長期的な経済循環や構造の変化などを勘案して、適切な国内外の株式市場を選びます。そのなかで徹底的な調査・分析を行ない、長期的な企業の将来価値に対してその時点での市場価値が割安と考えられる株式を選別して、長期的に分散投資します。

その②:手数料はいくらですか

下記は、公式サイトのFAQから引用です。

ご購入時に手数料は、いただいておりません。ご購入後は、「ひふみ投信」または「ひふみワールド」の信託財産から運用に関わるコストとして間接的に「信託報酬」を日々ご負担いただきます。
「ひふみ投信」の信託報酬の料率は、純資産総額に対して税抜 年率0.98%です。
「ひふみワールド」の信託報酬の料率は、純資産総額に対して税抜 年率1.48%です。

その③:運用状況を知ることはできますか

下記は、公式サイトのFAQから引用です。

毎月1回開催されるひふみ投信、ひふみワールドのセミナー「ひふみアカデミー」で運用状況をご説明いたしている他、運用状況や組入銘柄を記載した運用レポートを毎月作成しており、ホームページの「ひふみ投信情報」→「運用状況」でご覧になれます。 なお、ひふみWebサービスをご利用のお客様には、より詳しい情報や運用責任者のコメントを記載したレポート(毎月2回発行)を提供しております。ひふみWebサービスにログイン後の「各種資料(報告書)」をご覧ください。

新スタイルの資産形成 ひふみ投信

ひふみ投信を始める3つの手順【簡単すぎです】

・手順①:口座開設フォームへ入力する

・手順②:マイナンバー確認書類・本人確認書類をアップロードする

・手順③:口座開設通知書(簡易書留)を受け取る

たったこれだけです。

月々1万円からの資産形成ひふみ投信
口座開設フォームへの入力は5分で完了しますよ。

口座開設では運転免許証とマイナンバーカードが必要です。

郵送ではなくて写真送信が必要なので、PCの横に準備しておきましょう。スマホで撮影して送れば大丈夫です。

1週間~10日ほどで「口座番号」「レオスキャピタル(運用会社)への振込先」などを記載した「口座開設の完了のお知らせ」が簡易書留郵便(転送不要)にて到着します。

そこに入金方法の詳細が書かれていますので、約定が完了したら運用開始です。

お金を入れたら、、、あとは放置しておきましょう。勝手に増えていきますので。



というわけで、今回は以上です。

ひふみ投信は素晴らしいので、是非お試しください!

【公開】ひふみ投信を4年間運用した結果⇒31万円超の利益が発生しました。この記事では、管理人が2015年8月から毎月積み立てをしているひふみ投信 の運用結果を公開します。 毎月の積立金額は3万円でした...