投資レビュー

ほったらかし投資おすすめTHEO(テオ)【ステマなしで実績公開】

THEOが気になる人「THEOのレビューが知りたい。ほったらかし運用ならTHEOが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのかな?メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。」

これからTHEO(テオ)を始めたいって方は是非、じっくりとご覧ください。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ロボアドバイザーTHEO(テオ)は本当におすすめ【レビュー】

この記事を書いている管理人は実際にTHEO(テオ)で運用を開始しています。実績を公開しつつ、メリット・デメリットをレビューします。

損失も包み隠さずにお話しますので、これからTHEO(テオ)を始めたいって方は是非、じっくりとご覧ください。

結論は、大満足しております。

【損失あり】管理人の運用実績を公開します

初回投資金額10,000円でスタート、3日目にしてプラス176円!

保有資産はこのようになっています。

「SPDR S&P 500バリューETF」と「バンガードFTSE エマージング・マーケッツETF」の2本ですね。

2銘柄とも米国市場を代表するETFです。

つい先日までは好調でした...

損失が出た理由

(日経電子版より引用)

上記のとおり。
まぁこれなら、、、仕方ないですよね。

THEOの資産運用方針変更方法

ポートフォリオ派は自動的に分散化されます

THEOはこんな感じのポートフォリオを勝手に作ってくれます。

いい感じで分散されているんじゃないでしょうか。

管理人はあえて「THEOにおまかせ」ではなく「自分でカスタマイズ」を選択して以下のような方法で設定を変更してみました。

「THEOにおまかせ」を解除する

資産運用方針を決定する

管理人は値上がり益重視(グロース株100%運用)で設定してみました、、、

 

1週間後に運用方針変更

THEOにおまかせにしてみました。

ポートフォリオはこんな感じです。

これでしばらく様子をみてみます(^^♪

THEO(テオ)のメリットとデメリット【他社比較しつつ考察】

つづいてはメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・完全自動で取引してくれる

・手数料は預かり資産額の0.65%〜1.00%(税別・年率)のみで、それ以外はか

かからない。

・徹底的な分散投資でリスクを低減

メリット

・元本割れのリスクがある

メリット①:完全自動で取引してくれる

資産運用方針をTHEO(テオ)に任せてしまえば、ポートフォリオの決定から3か月ごとにETFの投資配分を見直す「リアロケーション」までやっていくれる。

メリット②:手数料は預かり資産額の0.65%〜1.00%(税別・年率)のみで、それ以外はかからない

THEO(テオ)は、運用者の利用状況に応じて手数料を最大0.65%(税別・年率)まで引き下げる新たな手数料体系を適用している。

メリット③:徹底的な分散投資でリスクを低減

THEO(テオ)は、最大30銘柄以上の米国ETFに分散投資している。

定番のロボアドバイザー比較

THEO(テオ):最も幅広く分散投資ができ、手数料0.65%も可能。さらに「THEOにおまかせ」を選んでいらば、加齢とともに自動的に投資配分が更新される。まさに「完全ほったらかし運用」ですね。

ウェルスナビ:業界最大手、SBI証券への資金移動も可能

ワンコイン投資:LINE上で500円から投資を始められる。

定番は上記のとおりです。

通常のロボアド投資では、年齢が上がっても、ポートフォリオが見直されることはありません。加齢とともに自動的に投資配分が更新されるのはTHEO(テオ)のみの特徴です。

デメリット①:元本割れのリスクがある

あくまでリスク資産への投資なので、当然元本割れのリスクがあります。

THEO(テオ)でよくある質問【疑問を全て解決します】

THEO(テオ)を始まるにあたって、よくある質問は次のとおりです。

下記は、公式サイトからのFAQから引用です。

入金したら、何もしなくても運用は始まるの?

2019/02/13THEO FAQ
ANSWER
入金いただいた後は、自動的に運用が開始されます。
原則、弊社に着金した日の夜に米国市場にてETFの買付けをおこないます。
※入金方法によって、弊社への着金、入金確認のタイミングが異なります。

なお、米国市場が休場の場合または月末営業日は、買付けがおこなわれず、翌営業日の買付けになります。そのため、運用開始日が予定と異なる場合がございますので、予めご了承ください。
※月末営業日は、翌月月初にリバランスをおこなうため、買い付けは行いません。
※米国市場の休場日につきましては、以下の記事をご参照ください。
THEOの取引のない日(2019年)
THEOの取引のない日(2020年)



出金はどのようにできますか?

2019/02/13THEO FAQ
ANSWER
マイページの上部メニュー[出金]より出金の申請ができます。出金金額は、出金後の預かり資産が10万円を下回らない範囲で、1万円単位で指定します。
なお、出金可能となるのは運用開始後のため、運用開始前の段階では「出金」の項目は表示されません。

営業日15時までの出金申請に対して、原則、その日の晩に米国市場でETFを売却し、米ドルから日本円へ為替交換をいたします。出金申請の日から、お客さまの出金先口座へ振り込まれるまで、最短で3営業日ほどかかります。

なお、米国市場の休場日や月末営業日等で取引の行われない日の場合は、翌営業日にETFの売却および為替交換をいたしますので、お振込みはその分遅くなります。

【関連】
THEOの取引のない日(2019年)
THEOの取引のない日(2020年)

口座解約はどのようにできますか?

2019/07/21THEO FAQ
ANSWER

口座解約は、お客さまの運用状況によって異なります。

運用を開始しているお客さまはPCサイトまたはスマートフォンのブラウザからお手続きが可能です。
PCサイトから操作する場合: マイページへログインし、上部メニュー[その他]→[ユーザー設定]→「口座解約についてはこちら」から申請できます。
スマートフォンブラウザから操作する場合:マイページへログインし、上部メニュー[≡]→[設定]→[口座解約はこちら]へお進みください。

運用を開始する前のお客さま: お問い合わせフォームよりご連絡ください。
 
 ▼口座解約をする際のご注意

  • 口座解約後その年の12月31日まで、新たにTHEO及びTHEO+の新規申し込みはできません。
  • 翌年1月以降、再申込していただくことができます。
  • 口座解約にあたっての手数料はかかりません。

THEO(テオ)を始める3つの手順【簡単すぎです】

最後にTHEO(テオ)を始める手順を開設します。

といっても、、、とても簡単です。

・手順①:運用プランを診断してユーザ登録する(無料)

・手順②:口座申し込みをする

・手順③:初回投資資金を入金して運用開始

たったこれだけ。

まずは1分で運用プラン診断をしてしまいましょう。

運用プランを診断する方法

公式サイトにアクセスしてから、「診断してユーザー登録する」をクリックするだけです。

>>THEO(テオ)で運用プランを診断してみる

口座開設では運転免許証とマイナンバーカードが必要です。

郵送ではなくて写真送信なので、PCの横に準備しておきましょう。スマホで撮影して送れば大丈夫です。

運用プラン診断とユーザ登録が終わったら、数日後に郵便物(簡易書留)が届きます。その後、「口座開設完了」のお知らせがメールにて送られてきます。

入金したら運用開始です(^^♪ お金を入れたら、、、あとは放置しておきましょう。勝手に増えていきますので。

THEO(テオ)カラーパレット

というわけで、今回は以上です。

THEO(テオ)は素晴らしいので、是非お試しください!

株価下落時の今こそおすすめ「ひふみ投信」をレビューする【実績公開】 こういった疑問に答えます。 この記事を書いている管理人はひふみ投信を2015年8月から積み立て運用しています。途中...