投資信託

投資信託でリスクを分散して安定的に運用するために必要なこと

投資初心者のAさん
投資初心者のAさん
投資に興味があるけど投資にはリスクがあるのでなんか不安だな
投資の専門家
投資の専門家
今回は投資のリスクを分散する方法をいくつか解説していきましょう

この記事では上記のような投資初心者の方にむけてリスク分散の方法について具体的な方法を紹介します。

ちなみにこの記事を書いている管理人の投資経験は以下のとおりです。

◦2009年:投信(株・債券)・国内ETF・海外ETFから投資を始める

◦2014年:原油先物ETFを始める⇒3年後に損切りすることになり、5年間に得て

いた投資リターンのすべてを失う

◦2015年:国内の中小型株をメインの投資対象とする投信にて積立投資開始

◦2020年:数年後のセミリタイアを念頭に米国高配当ETFへの投資を検討中

3分くらいで読み終わりますのでお付き合いください。

そもそも投資のリスクとは何か?

投資にはリスクがつきものです。では、リスクとはどういう意味なのでしょうか。

一般的には「危険」や「損をすること」といったマイナスのものとして認識されていますが、投資・金融の世界では「不確実性」のことを指します

年利1%の定期預金 1年後に1%分の利息が受け取れることがほぼ確実⇒リスクがほぼない
年利3%の投資信託 1年後に3%分の利益が受け取れるかは不確実⇒リスクがある

例えば、長期投資をみると、1年後の成果ですら不確実なので、10年後、20年後のリスクはさらに大きくなるといえます。

将来、資産が目減りする対策として、投資対象を1つにするのではなく、複数に分散するといった方法が重要といえます。

投資信託は「少ないお金」で「株や債券に分散投資できる」といった点ですぐれた金融商品であるといえます。

投資信託の特徴

投資信託は私たち投資家からお金を少しずつ集めてひとまとまりにし、そのお金を運用の専門家が運用してくれる金融商品です。1人ひとりが出すお金はそれほど多くなくても、まとまって数十億円、数百億円単位になれば、個人ではアクセスしにくい地域や国に投資したり、たくさんの株式や債券などに投資していすることができます。

投資信託の活用によるリスク分散

投資対象の地域を分散する

たとえば、アップルやマイクロソフト、ネスレといった海外の先進国の企業の株だけ入った商品もあれば、インド・中国・ブラジル・ロシアなど新興国の企業を投資対象としている商品もあります。

投資対象の資産を分散する

株式だけでなく、国債や社債といった債券が入っていたり、不動産やコモディティ(商品)などが入っていたりするものもあります。

長期投資におすすめする投資信託

国内株に投資する商品

国内株に投資するものは、値動きの動向などがわかりやすいのが大きな特徴といえます。人気投資ブロガーの間でも評価の高い商品を3本紹介しておきます。

三井住友日経225オープン

運用会社:三井住友アセットマネジメント

純資産額:6,025百万円(2020年2月時点)

ニッセイ日経225インデックス

運用会社:ニッセイアセットマネジメント

純資産額:136,503百万円(2020年2月時点)

ひふみ投信

運用会社:レオス・キャピタルワークス

純資産額:112,117百万円(2020年2月時点)

詳しくはこちら>>>各賞受賞! 話題のひふみ投信で資産形成

海外株に投資する商品

海外には米国や欧州の大きな株式市場があり、日本でも知名度が高いグローバル企業が上場しています。また、業種・業態・経営理念、成長性といった点でも、日本にはないタイプの企業が多く存在しています。ここでは、人気の投資信託3本を紹介しておきます。

eMAXIS先進国株式インデックス

運用会社:三菱UFJ国際投信

純資産額:39,822百万(2020年2月時点)

セゾン資産形成の達人

運用会社:セゾン投信株式会社

純資産額:89,735百万(2020年2月時点)

ひふみワールド

運用会社:レオス・キャピタルワークス

純資産総額:10,470百万(2020年1月時点)

詳しくはこちら>>>ためて、ふやして、進化する。ひふみ投信

まとめ

お金をふやすなら、「3つの戦略」が欠かせません!

①長期投資

②分散投資

③低コスト投資

豊かな老後を迎えるためにも少額からコツコツ始めましょう。



【公開】ひふみ投信を4年間運用した結果⇒31万円超の利益が発生しました。この記事では、管理人が2015年8月から毎月積み立てをしているひふみ投信 の運用結果を公開します。 毎月の積立金額は3万円でした...