投資信託

投資信託のリスクをはかる目安【シャープレシオを理解する】

投資初心者のAさん
投資初心者のAさん
投資信託を選ぶ際に、運用の安定度を確認する方法ってないのかな?
投資の専門家
投資の専門家
今回は複数の投信を比較するときに使われる「シャープレシオ」という指標について解説していきます。

投資信託の情報を集めていると意味不明な用語がよく登場しますよね。

管理人自身、過去に様々な投信を利用してきましたが、正直、用語の定義があいまいなままでした。

そこで、この記事では「シャープレシオ」にスポットをあて、管理人が学んだことをシェアしたいと思います。

3分くらいで読み終わりますので、どうぞお付き合いください(^^♪

この記事の内容

.投資信託の運用の安定性をみる指標「シャープレシオ」とは

.「シャープレシオ」を見る上での注意点

.「シャープレシオ」優先の投資信託ランキング

投資信託のリスクをはかるシャープレシオとは

ひとことで言うと、

そのリターンを得るためにどのくらいのリスクをとっているかをはかる指標なのです

投信を選ぶときには、「同じリターンならリスクの低いほうを選ぶ」「同じリスクならリターンの高いほうを選ぶ」というのが原則です。

ただ、実際には商品ごとにリスクやリターンはマチマチなので、比較するのがむずかしいのが現状です。

そこで、複数の投信を比較するときに使われるのが「シャープレシオ」という指標です。

一般に「シャープレシオ」の数値が大きい投信のほうが、運用効率がいいとされている

リターンからリスクフリーレート(元本保証された商品から得られる利回りのこと)を差し引いた数値をリスクで割って計算されます。

リスクフリーレートを差し引くのは投信という価格が変動する商品を買う以上、リスクを取らないで得られる収益よりはいい収益をあげてね、ということ

【A投信】

【B投信】

10年間のシャープレシオを比較すると、【A投信】0.92に対して【B投信】0.37で、【A投信】のほうが効率的に運用されていることがわかります。

シャープレシオをみる上での注意点

注意点①:同じジャンルで比較する

たとえば、日本株に投資する投信と、新興国株に投資する投信を同列で比較しても意味がありません。

シャープレシオの比較は同じ分類、同じカテゴリーで行うことが重要なんだね

注意点②:リターンがマイナス時の数字の把握

リターンがマイナスのときにはふだんと逆の現象が起きてしまいます。つまり、リターンがマイナスの2つの投信を比較すると、運用効率の悪い投信の数値のほうが高くでてしまします。

シャープレシオだけでなく、リスクやリターンのどの数値も併せて確認する必要があるね

シャープレシオ重視の投信ランキング

国内株式型

国際株式型

バランス型

まとめ

より良い投信を選ぶ際には、リターンや分配金は重要な情報です。

一方、その投信が「どのくらいリスクをとっているのか」を併せてみることはとても重要なのです。

今後の投信選びの参考にしてみてください(^^♪

最後までお読みくださりありがとうございました。

ネット証券で投資信託販売実績No.1のマネックス証券! 

たった3分で、初心者が投資信託の儲け(利回り)について理解できる 投資信託のパフォーマンス(儲け)を示す指標には様々な用語がでてきますよね。 管理人自身、過去に様々な投信を利用して...