投資信託

投資初心者には投資信託をおすすめする5つの理由【シンプルに解説】

投資に興味はあるけど、初心者が始めても失敗するだけかも…
確かに、投資には専門知識や経験は必要だよ。右も左もわからない人が、個人で初めても損をするだけかもしれない。
しかし、投資のプロが代わりに運用してくれる投資信託なら話は別だ。
投資信託?

投資信託は、少額から始められ、運用をプロにまかせられるので、初心者でも簡単に投資ができることが魅力のひとつです。

この記事では、手軽に始められる投資信託の魅力について紹介します。

この記事で分かること

投資信託の5つのメリットが理解できる

 

この記事を書いている管理人の投資経験は以下のとおりです。

◦2009年:投信(株・債券)・国内ETF・海外ETFから投資を始める

◦2014年:原油先物ETFを始める⇒3年後に損切りすることになり、5年間で得た

投資リターンのすべてを失う

◦2015年:国内の中小型株をメインの投資対象とする投信にて積立投資開始

◦2020年:数年後のセミリタイアを念頭に米国高配当ETFへの投資を検討中

投資信託のメリット

①:プロにまかせるので運用がラク

投資信託は、経済情勢の分析など、むずかしいことはプロにまかせて手軽に始められます。

お金をふやすための努力をプロがしてくれる投資信託は買ったあとの手間がかからない

ことが大きなメリットです。

株式市場は平日9時から15時の間にリアルタイムで取引されるため、時間の制約をうけます。また、市場分析の方法や銘柄選定の勉強をする時間も必要です。

投資信託なら、市場が閉まっている真夜中でも買えますし、経済情勢と深く関連している市場動向なども、専門家の目でチェックしてくれます。

②:少額から投資ができる

少額から気軽に投資ができることも、投資信託の魅力のひとつです。商品にもよりますが、投資信託は基本的に1万円程度の資金から始めることもできます。

毎月一定額で投資信託を買う投信積立なら、月々100円や1000円という少ない金額で始められる商品もあります。

少額積立ならSBI証券👇

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

いくつかの商品を少額投信積立で数か月体験して、お気に入りを見つけたら、積立金額を増やしてステップアップするのがベスト

③:NISAで税率0%になる

株や投資信託で得た利益には、通常、利益の約20%の税金がかります。しかし、NISAを利用することで、この税率が0%(非課税)になります。

NISAは、投資の促進を目的とした税制優遇制度です。

2014年のスタート時に年間100万円だった非課税枠が、2016年からは120万円に増額され、さらにおトクな制度になっています。

【簡単】積立NISAの始め方、証券口座開設までを詳しく解説!40~50代の人は老後の生活を豊かにするため、若い世代は結婚や住宅購入、子育てなどのライフイベントに向けて、これから必要となる資金を準備...

④:簡単にリスクが分散できる

株のように、自分で銘柄を選んで投資すると、企業の倒産や事故、災害などによる急な価格の下落によって資産が大幅に減るおそれがあります。

投資信託はひとつの商品にさまざまな銘柄が組み入れられているため、そのうちのひとつの価格が下落しても全体に及ぶ影響は小さくてすみます。

リスクをさけるために、株のように常に売買のタイミングを気にする必要もありません。

異なる投資対象が組み合わされた投資信託を複数選んで買っておけば、リスクをさらに分散できます。

投資初心者が投資信託のリスクを管理してお金をふやす3つの戦略投資信託は少ない資金で手軽に分散投資できる優れた商品です。 しかし、金融危機などで株価や為替が大きく変動するのを目の当たりにすると...

⑤:投資した資産が守られる

「〇〇証券破綻」と、ある日、ニュースが報じられ、自分が買った投資信託の関係会社だったとしても、あわてる必要はありません。

投資信託の販売や運用に携わる3つの会社(①管理会社②運用会社③販売会社)が破綻したとしても、投資家が預けたお金は守られる仕組みになっています。

投資信託を販売・運用・管理する会社では、会社の資金と投資家から集めた資産を別々に管理することが法律で義務付けられている

まとめ

いかがだったでしょうか。

投資信託は、世代を問わず人気を集め、金融市場全体で年々規模を拡大しています。

投資初心者の方は少額(100円~1000円)から投信積立を始めてみるのがおすすめです(^^♪

最後までお読みくださりありがとうございました。

手数料が安い証券会社ランキング1位

詳細ページ

手数料が安い証券会社ランキング2位

詳細ページ

手数料が安い証券会社ランキング3位

詳細ページ

株価下落時の今こそおすすめ「ひふみ投信」をレビューする【実績公開】 こういった疑問に答えます。 この記事を書いている管理人はひふみ投信を2015年8月から積み立て運用しています。途中...