投資信託

投資初心者向け、投資信託の利益の仕組みを簡単に解説してみました

投資信託ってどうやって儲けるの?
投資信託の儲けには2種類あるんだ
2種類ってことは2倍?

投資信託の利益には2種類あります。

値上がり益(キャピタルゲイン)と分配金(インカムゲイン)です。

この記事で分かること

投資信託の2種類の利益について理解できる

ちなみにこの記事を書いている管理人の投資経験は以下のとおりです。

◦2009年:投信(株・債券)・国内ETF・海外ETFから投資を始める

◦2014年:原油先物ETFを始める⇒3年後に損切りすることになり、5年間で得た

投資リターンのすべてを失う

◦2015年:国内の中小型株をメインの投資対象とする投信にて積立投資開始

◦2020年:数年後のセミリタイアを念頭に米国高配当ETFへの投資を検討中

3分くらいで読み終わります。

是非お付き合いください(^^♪

値上がり益(売却益・キャピタルゲイン)

値上がり益とは、投信信託を買ったときの値段よりも高く売り、その差額で得る利益のことです。

つまり、現在の値段が低く、これから上がりそうなものを買い、値段があがったタイミングで売れば値上がり益が得られるというわけです。

投資信託の値段は基準価額とよばれ、投資信託の運用がうまくいっていれば基準価額は高く、運用が不調だと基準価額は安くなります。

値上がり益は投資信託を安く買って高く売ることで得る利益のこと

※投資信託協会のHPより引用

分配金(インカムゲイン)

分配金(インカムゲイン)とは、投資信託が決算をするごとに運用成果の一部が投資家に分配されるお金のことです。

株の配当金と同じようなものと考えていいでしょう。

分配金の額は、運用会社が運用成果や分配方針をもとに決めていて、投資家が保有する投資信託の口数に応じて変わります。

投資信託の決算日になると、投資信託に含まれる資産などの総額である純資産総額から分配金が支払われ、投資信託を保有する限り定期的に分配されます。

また、投資信託の中には分配金を出さずに、運用成果で得た利益を貯めて次の投資にまわしていくタイプもあります。

※投資信託協会のHPより引用

分配金を受け取ることで投資信託の元本が減ってしまうケースもある

まとめ

いかがだったでしょうか。

投資信託の利益の内容についておおざっぱに理解できたのではないでしょうか。

後は実行あるのみ、ネット証券の口座をお持ちでなければ、まずは口座開設の申し込みから始めましょう(^^♪

最後までお読みくださりありがとうございました。

【公開】ひふみ投信を4年間運用した結果⇒31万円超の利益が発生しました。この記事では、管理人が2015年8月から毎月積み立てをしているひふみ投信 の運用結果を公開します。 毎月の積立金額は3万円でした...

 

参考:おすすめネット証券

SBI証券

投資信託の品揃えは、業界最高水準の約2600本。ノーロード投資信託や投信積立も充実している。
特徴 取り扱い本数業界最高水準
取り扱い本数 2613銘柄

詳細ページ公式ページ

楽天証券

取り扱い本数はSBI証券に次ぐ約2550本
投信積立は毎月1000円から始められる。
特徴 楽天銀行との提携で資金移動の手数料も安くなる。
取り扱い本数 2548本

詳細ページ公式ページ

マネックス証券

取り扱い本数は約1180本と充実している。
特徴 手数料が割安なインデックスファンドの品揃えも多数
取り扱い本数 1187本

詳細ページ公式ページ

松井証券




取引手数料が安い
特徴 50万円まで株式取引手数料0円
取り扱い本数 1183本

詳細ページ公式ページ