投資信託

投資初心者向け!たった5分で、【複利運用】について理解する

お金を運用する上で大切なことがあるんだ 。
あら、何かしら?
それは「複利で運用する」ってことなんだよ 。
「複利で運用する」?

この記事で分かること

人類最大の発明である『複利』について分かりやすく解説してみました。

長期の資産運用では重要なキーワードです。しっかり理解していきましょう(^^♪

単利運用と複利運用の違い

アインシュタインも『人類最大の発明は複利』だって言ってるんだ。
複利ってそんなに重要なことなの?
まず金利には『単利』と『複利』というのがあるんだ。

単利運用計算

たとえば君が5%の利回りで100万円を20年間運用したとするよ 。『単利』で運用すると下の表のようになるのは分かるよね。
毎年5万円ずつ均等に増えていくので、とても分かりやすいわ。

複利運用計算

次に複利だと、下の表のようになるんだ。
20年後にもらえる金額に、ずいぶんと開きがあるのね。
『単利』と比較すると約65万円もの差になるんだ。もし、運用額が1000万円だとすると、650万円もの差がつくんだよ。
そうか、『複利』だと運用する対象が増えていくから、絶対に有利なのね。
お金っていうのは、しかるべき運用をすれば、少しずつ増えていく。でも、その増えた分をおろしてしまうと、元本が増えていかない。
つまり大切なことは運用で増えた分を、おろさないでそのままにしておくってこのなのね。
そのとおりなんだよ。

72の法則

それと、複利に関して一つ覚えておくといいことがあるんだ。
あら、何かしら?
『72の法則』って聞いたことない?
聞いたことないけど…
じゃあ、簡単に説明するね。72を利率で割ると2倍になるまでにかかるおよその年数が分かるんだ。
???

運用額が2倍になるまでにかかるおよその年数=72÷運用利回り(%)

たとえば、君の貯金を年利5%で運用して、2倍にしたいとする。複利で運用したら、何年くらいかかるのか知りたいよね。
何年くらいかかるのかしら?
次のように計算するといいよ。

72÷5(%)=14.4(年)

つまり、君の貯金が100万円だったとして、毎年5%で運用できれば、およそ14~15年で2倍の200万円になるということなんだ。
とても簡単に計算できるんだ。

まとめ

投資の基本。それは時間を味方につけることです。

時間を味方につけるということは、『複利』を味方につけることです。

『複利』は個人投資家にとって最大の武器です。

著名な物理学者であるアルベルト・アインシュタインは、「数学の歴史上、最大の発見は何か」と聞かれて、「それは複利だ」と答えています。

『複利』を味方につけられるかどうかが、みなさんの投資戦略の成否を決定づけるのです。

「継続は力なり」複利効果を味方につければ、ゆっくりとおカネ持ちになれる

みなさんも『複利』を味方につけて充実した投資ライフを送ってください(^^♪

最後までお読みくださりありがとうございました。

【簡単】積立NISAの始め方、証券口座開設までを詳しく解説!40~50代の人は老後の生活を豊かにするため、若い世代は結婚や住宅購入、子育てなどのライフイベントに向けて、これから必要となる資金を準備...